読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

答え合わせ。

人生には答えがない。だから今のうちに答え合わせ。

日本の自殺者数、ホントは18万人?だから何?

こんにちは。t@tsuです。

 

今日は、面白い記事を発見したのでご紹介します。

日本における、年間自殺者数は18万人説。

結構ネットには出回っているので、お好きな記事をどうぞ。

 

18万人・・・驚きです。

でも、僕のブログを読んでくれてる人は、僕がどんな感情なのかお分かり頂いていると思います(笑)

胡散臭い記事が多かったのですが、終始「自民党批判」でしたね。

気持ちの悪い思想を持ち合わせた方が殆どでした。

この期に及んで、民主党の話を持ち出して検証してる人も居ました(笑)

要は「18万」という驚愕の数字を使って、政権を批判したいだけなのです。

実際の数なんて、はっきり言って「どうでも良い」のです。

この類の記事で使う数字に「抑止」という概念がありません。

何かを、誰かを批判するための「道具」でしかないのです。

数が多いというのは、どこかに問題点があると言う事を生み出すためのモノ。

 

じゃあどうすれば、自殺者数を減らせるのか。

経済の復調?政権交代?将来の安定???

一定の効果はあるかもしれませんが、びっくりするくらいの変化はないです。

何故かって?

「どんなに幸せでも、生み出せるのが不安と悩み」だからです。

未来は誰にも分からないという点が、自殺者数が減らない第一の要因です。

「きっと良い事あるから」なんて、口が裂けても言えないですけど、結構乱用してる人居ますよね。いつ?何時何分?どんな良い事??って聞かれて答えれる人は居ません。

今にも死のうかと考えてる人は、そんな質問しませんが。静かに頷くだけでしょうけど。

相手に優しい言葉を掛ける。これはとても大事なことですが、多くの人は使い方を間違っています。多くの人は、相手にではなく、自分に使っているのです。

 

自殺をだと考えるのは「宗教観」でしかありません。

自殺をだと考える宗教もありますが、もちろん善でもない。

自殺は善でも悪でもなく、自殺は「これから先の未来を知ることの出来ない行為」ってだけです。

 

僕は何度も死にたがった人間(理由が全て違うから笑える)だから、死にたい人の気持ちは良くわかります。

でも、死んでどうするの?

「今の苦しみから逃れる」「もう誰にも迷惑掛けないで済む」「楽になりたい」

ちょっと待った!

なんで、そうなれるって知ってるの????

今の状況から逃れるために、必死になって頑張って来て、努力しても報われずに、なんのために生きてるか分からなくなって、未来に絶望して、未来を楽にするために絶命を目指す。ん?矛盾してないかい?

そんなに頑張って来て状況が変わらずに、死んで状況が変わると何で思えるの??

「死んで楽になる」って、まず無理だと思うんです。

僕は総てを「疑います」

だから、何度も死のうと思っても「楽になれる」という確信が何一つ持てなかったんです。そんな状況では死ねません(笑)

 

何故無理かっていうと、人間は「自分に都合のいい解釈を選択する」からです。

「死んで楽になる」自殺者の常套句ですよね。

これを皆、信じ過ぎてはいないかい?

死ねば、この世とはおさらばで、あの世があるかなんて分からないけど、だからと言って、自分がそこで終わるという確証もない。

だったら、それは止めるべきです。だって、楽にならないじゃーん!って思っても戻れないでしょ?ゾンビにでもなるかい?

未来にも確証がない。でも、未来に絶望しても、何をどんなに失敗しても、生きてれば0じゃない。カッコ悪いのは今だけ。この苦しみや辛さって生きてる間、永遠には続かないんです。

何故って・・・人間は慣れます。この辛さに慣れるんですよ。そして忘れる事が出来るんです。完全に忘れる事が出来なくても、胸を締め付けられるほどの回想が出来ないんです。惨めだったり、カッコ悪かったり、苦しかったり、辛かったりするけど・・・それも今だけ。悩みって今と10年後は全然違うって知ってます?10年じゃなくても、2年とか3年先でも違います。自分が小学生のころの悩みとか覚えてる? 

大失恋して、ご飯が喉を通らずに、夜も寝れずに日に日に体調が悪くなって・・・今もそれが続いてる?? 続かないんです。夜は眠くなるし、お腹だって空くし食べれる。何なら夜食とデザート付けても足りないくらい(笑)

でも、それが続く可能性があるのが、「死んじゃった人」です。

そこで全てが止まるんです。忘れる事も、慣れる事も覚えないままなんですから。

そんな風に考えると、死にたくても死ねなくなったんです(笑)

 

悩んでる時に、プラスに考える必要なんてない。

大方「プラスで物事を考えれば光が見える」ってことなんやろうけど、光が見えて、それを消されて倍落ち込む事だってあるし。何回あったか!何度もあるとそれも慣れるけどね(笑)

死というものが「悩みを解決する方法」にランクインすると、常にTOPに君臨するんです。

何故かって言うと、未だ試した事も、それを経験したこともないからです。

試すって、自殺未遂って意味じゃないですよ。死んだという経験です。

他の事は大抵チャレンジしてるもんなんですよ。誰かに相談したり、無理に忘れようとしたり、前向きに考えたり・・・でも、うまくいかなから悩み続けるし、「死」という選択肢を持ち合わせてしまうんです。

 

気付いたら、すごく長くなってた(笑)

今日のところは、ここまで。