読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

答え合わせ。

人生には答えがない。だから今のうちに答え合わせ。

感動の再開から・・・一転。。。

こんばんわ。。。t@tsuです。

 

寝て起きて仕事して、寝て起きて仕事して、寝て起きて仕事してたら

まず、正月3が日が過ぎてました(笑)

 

クリスマスも来てたんだねぇ~。

 

いつの間にか、2017年も5日過ぎましたとさ(怖っ)

 

今朝方、悪い事と良い事と悪くなりそうな事が起こったので報告です。

 

本日の出来事・・・

深夜、コンビニで買い物。

徒歩にて帰宅。

朝起きて、出立の準備・・・あれ?財布がない!!

どこを探しても、ない!

こうなると人は、察します。

これは確実に・・・「落としたな。」と。

昨日書いた、正に『絶望』が朝陽と共に僕に降り注がれます(笑)

だけど、昨日書いたように『絶望』はマイナスではありません。「0」に近くなるだけです。

これを知ってると、余計な言動をしなくなるんです。

この、余計な言動が厄介で、シンプルなモノを複雑化します。

ただ、元に戻っただけ。人生ゲームの「ふりだしに戻る」みたいなもんです。

でも、カード類や免許証なんかも入ってる訳なので、取り敢えず諸々の機関に一報を入れる手はずを、頭の中で設計しながら歩いていると、道の片隅に深夜生き別れたであろう財布が。

何らかの弾みで落とされたソレは、落とされたままの姿で横たわっていました。

朝、散歩する人も多いこの道。この寒空の下でそのままの形で佇む姿は、どこか堂々としていて、でもどこか寂しげで・・・思わず抱きしめて、中身を確認(笑)

最後に会ったあの時と何一つ変わっていない、あの時のままの財布。

諸々の機関への一報の設計図は白紙に戻し、ポケットに優しくしまった・・・

と、その時です!

「あのぉ~、交番に届けた方が良いですよ。落とした人困ってるだろうから。」

しくったー!!

傍から見れば完全に、ネコババしてるおっさんやしっ(汗)

別に悪いことしてる訳でもないのに、感動の再会のはずが、これでは犯罪者の仲間入りです。

ここは、穏便に「そうします。」と言うべきか、「これは自分のだ」と主張すべきか、でもなんだか良い訳っぽく聞こえる可能性もあるし、すでにポケットに納めてるし・・・迷うこと0.数秒。僕はとっさに、その財布をジョギング仕様の彼に渡し、レシートを取り出すように要求。

何時何分頃に、どこのコンビニで何を買い、合計金額はいくらで、お釣りをいくらもらったか、財布と共に過ごした深夜の出来事を話し出す。僕にとっては最適解だった。

彼は少し驚いたような表情を浮かべたのだけど、財布からあるものを取り出して一言僕に言ったんだ。

「免許証で大丈夫です。」と。

明日の朝、もし彼に会うことがあれば、会釈だけしてやり過ごそうとしている、あれからの自分。。。