読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

答え合わせ。

人生には答えがない。だから今のうちに答え合わせ。

2017年から始まる「答え合わせ」

人生には答えがないと言うけれど、自分だけの答えは準備されている。

はじめまして、t@tsuです。

2017年から、「はてなブログ」を始めました。

どんなことを書くかと言うと、今までの僕の人生を振り返り、「答え合わせ」をしながら、思いついたままを書きます。

 人生にはこれといった答えがありません。自分と家族でも、友達や恋人とも違う。だから多くの人は、迷ったり苦しんだりします。答えがあれば、誰も悩まないし苦しまなくて済むのに。でも、それじゃ面白くないんです。人生ほど、思い通りにならない事はありません。思い通りにしようとすると負荷が掛る。僕はそのストレスを取り除きました。

 学生時代は、学業や部活動、恋なんかでも絶望の縁を感じることもあります。社会人になれば、仕事はもちろん、お金や人間関係、家族や付き合い、悩みっぱなしなんて人も少なくありません。主婦だろうが、フリーターだろうが、高齢者だろうが、子どもだって悩みの質は違えど、悩みを抱えています。悩みとか苦しみとか抱えるもんではないんですけどね。抱えるから、背負うから、負担になるだけです。

悩みや、苦しみは「経験不足」から派生します。

 大抵の人間は、「経験不足」の中で答え合わせをします。だから出てくる答えに「希望」はあまりありません。根拠のない希望はいくらでも生み出せますが(笑) それも時には大事なんですが・・・。そして、悩み苦しんで「絶望」を見つけます。長年、『絶望』の正体はマイナスだと思っていました。でもそうではないと思うのです。マイナスにしているのは自分であって、絶望という事象はむしろ「0」に近いんじゃないかと。簡単にいえば、無に近い状態。

 全身がプラス思考のような人は、どんな状況下でも「光」を見つけます。だから「前向き」という言葉が、重宝されますが・・・前向きになれん時もある。

『自分≠プラス思考』でもね、ちゃんと前向きになれるときがあります。それは今年流行ったアレです。

逃げるは恥だが役に立つ

『逃げる』っていうのは、それこそ恥だし、カッコ悪い。でも、聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥みたいなもんで、逃げ出さないまま、悩み続けるよりも、逃げ出して策を練った方が圧倒的に心の負荷は軽い。その上、間違った判断をせずに済む。

あの、天下無双の宮本武蔵だって逃げたからこそ勝てた、そんなエピソードがあります。

 逃げることによって、生み出されるモノがあります。それは「時間」です。

その時間が『逃げだした事象を解決させる鍵』になります。簡単に言うと、今の自分では解決出来なくても、未来の自分は解決出来る可能性があると言うことです。

だから、絶望を感じて自ら命を絶つのは本当に勿体ないんです。

 

多数決は民主主義の最高傑作だけど・・・。

 人間て言う生き物は、結構『自己暗示』を掛けます。自分で自分に催眠術を掛けるようなもんで、病気も今の境遇もそれに近いモノがあります。

病気は基本的に「環境要因」と「遺伝要因」に分けられますが、遺伝とか生活習慣とかはっきり言ってありません。こんな事書くと誰かに怒られるかな?(笑) 根拠を示せ!という方も多いはずです。根拠は以下の通りです。

 遺伝性の病気なら、その家系の人間全員が発症するはずだけど、なる人とならない人がいる。そこには難しい話なんて何にもなくて、100%ではないのだから遺伝性の病気は存在しません。100%絶対なら認めますけど、ただ統計的に多いってだけで認める訳にはいきませんから。それに統計的に多いってだけで、わざわざ病気になる必要はありませんからね。

 病院の先生が「あなたの病名は○○○です」と言われれば、「自分は○○○という病気」だと信じます。そこから厄介な「自己暗示」によって、病気は進行していきます。自己暗示に掛ると、とても厄介です。何故なら、催眠術と同様に掛けた本人しか解く事が出来ないのです。自己暗示を解くには、価値観や考え方を変えなければいけない。それは、病気を治すよりも大変な作業になります。

話が逸れてしまいましたが、多数決で多い意見が総て正しいという事はありません。

今の安倍政権も、支持率が70%近くありますが・・・これは正しいです。

 

「否定する事で見つかる真実」

反日思想の方、一瞬「そうだー!!」って言いそうになりませんでした?(笑)

僕は、安倍政権全般を批判する人は、頭がおかしいと思っています。

自称インテリ、自称ナチュラリスト、自称日本人が殆どです。ですので、僕とは関わらない方が良いし、僕も関わる事はありません。与えられた限りある時間を、無駄に過ごしたくありませんからね。

僕は、テレビも、新聞も、ネットも、メディア全般の情報は勿論、常識も一度総て否定します。否定するのは肯定するより簡単ですから。

ですが、否定のまま終わるのではなくて、否定から自分の意見を構築していきます。

肯定するべきは肯定します。どこぞの輩のデモ団体のように、太鼓を叩きながら排他的な意見しか理論武装出来ない気持の悪い人間ではありませんので。

多くのメディアは、否定することで真実が見えてくることが多いんですがね。

そうすると、ニュースの見え方も変わるし、どんなに情報が氾濫しても、惑わされる事がありません。

 

だいたい、こんな事を書いていきます。

つづく・・・